テーマ:第二次黄金戦争

イベント65&70ミスまとめ

イベント65(後ほねっこ偵察)とイベント70(亜細亜の曙)のエントリー及び評価値提出ミスなどのまとめです。 特にイベント70エントリーにおいては戦団長の九音・詩歌の判断より、事前に集めていた参加可能者リストより集計班が部隊を選抜、リスト登録後の根源力変動をチェックしてエントリーしたため、エントリーミスの責任は戦団長に帰属するものです。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

バレンタイン特別企画~絆を繋ぐドッグタグ~

敬愛、思慕、友情、仲間── 大切な人は、いますか? いつも仲のよい二人。共に学び、笑い、技を磨き、生きてきました。 ですが戦場では離れ離れです。 二人は女神像の前で友愛を誓い、お互いの無事を願ってドッグタグを交換します。 この国ではおなじみの光景です。 それは代々受け継がれてきた神聖な誓い。 女神の加護よ大切な…
トラックバック:7
コメント:53

続きを読むread more

詩歌藩国:イベント39課題提出

詩歌藩国課題提出です。 /*/ 1.以下の設定に沿うモンスターのイラストを書いてください。モンスターが強そうに見えるほど、戦闘難易度は下がります モンスターTYPE1 身長30m のっぺりしたゴムのような素材で包まれている。。手が長く、足が極端に短く、頭は長い。目は胸にあり、頭は左右に割れて口とミサイル発射口が見え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『寅ブルパニック 外伝-一生を捧げる趣味・赤坂 菊華の場合』:鈴藤 瑞樹

それは藩国会議が終了した頃、王都で起きたささやかな事件である。 今回の主役の名を赤坂 菊華という。 数ヶ月ほど前にふらりとやってきて、そのままこの国へ住み着いてしまった男である。 一見すれば北国人特有の真っ白&フサフサのモヒカンヘアーが目にも眩しいナイスガイであった。 しかし人間見た目通りとは限らない。この人物、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩歌藩国戦勝パレード

”ご覧ください、これが帝國の精鋭たちであります” ”火と氷の国、歌と物語の国、そして人と犬が手を取りあう国” ”詩歌藩国の精鋭達が勝利を飾り、帰ってまいりました!” ”詩歌藩国は藩王九音・詩歌陛下指揮の下で二個中隊を派兵、一人も欠けることなく帰還しました” ”先頭を勤めますはガンブレイズシンガー、銃火の歌い手達の行進…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

藩国民SS第一弾『寅ブルパニック第二話』 - 葉崎京夜

『寅ブルパニック第二話』 『子寅と料理・被害者(?)花陵の場合』 /*/ それは藩国会議終了後の雑談中に起きた惨劇である。 /*/ 厨房は今日も柔らかな歌声で満ちている。 歌声の主は花陵という女性である。幼く見えるが既に既に立派な成人であり、音楽と絵を愛する可愛らしい人物だ。 なんか、男性陣と扱いに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝國への不信 - 鈴藤 瑞樹

私、ポチは以下のように決定する。友情にまさる剣はなし。国をあげて確かに決定を実行せよ。 ~わんわん帝國宰相シロの勅命書より~ その日、詩歌藩国の藩王、九音・詩歌は政庁の執務室で仕事をしていた。 数日前の戦争で発生した膨大な書類仕事をただ黙々とこなしている。 時刻はすでに深夜にさしかかろうという頃で、政庁に残ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼女の旅立ち- 士具馬 鶏鶴

わんわん帝国のはじめての戦争が空振りに終わって、わんわん帝国宰相の怒りの矛先が国内に向けられ粛清の風が吹き始めようとしていた頃。  その日、士具馬 鶏鶴は日課の朝刊配達の途中だった。紙面に踊る「大勝」の大文字。それを見て、初めて彼はこの日課が嫌になっていた。これから自分が配るこの新聞を見る国民の事を考えると罪悪感とも言いがたい感情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乙女の祈りー前編ー:豊国 ミロ

ちくちくちく、と苦労して慣れない刺繍を一刺し一刺し縫った。いびつで不恰好だけど、とにかく気持ちだけは込めた。 出撃前夜。アルティニは同居人に気付かれないよう、こっそり夜更かしして刺繍に励んでいる。 ***乙女の祈り*** アルティニ・皆高は最近この詩歌藩国に来た少女である。正しく言うと、拉致されてきたのであった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

須藤の事情- 崎戸剣ニ

http://www009.upp.so-net.ne.jp/raiilu/library.html#book3及び http://blue-bell.at.webry.info/200701/article_46.htmlと関連します。 /*/ その日、須藤は言った。 「戦争に、行くんだ」 銀行強盗少女ことアルティニ・皆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある、戦火の前に――― - 雪村しふぉん

場所は詩歌藩国内、小さな工場の一角。 そこには整備の行き届いていない備品ばかりが並んでいた。 武人然と並ぶI=Dの数々。また雪村は口を押さえた。 「……くそっ!」 正味の所、まだ雪村は心を決めかねていた。 詩歌藩国に足を踏み入れたその時、決心したと思っていた決意が揺らいでいる。 その手に握るのは、果たして唯の武器か。それとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貧乏兵士の日常 - 士具馬 鶏鶴

  I=D開発の知らせが国中を駆け巡ったその数日後、めまぐるしい変化が詩歌藩国に訪れた。戦争準備に伴い藩国内の財政状況の見直しの為の吏族招集、I=Dのテスト飛行、主戦場となる冬の京への支援目的とした帝国王女陸軍の結成、I=Dのテスト飛行も終わらぬ内に前倒しで行われたI=Dの量産体制への移行、そして兵站物資の調達を目的とした食糧増産命…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見やすい藩国サイトを作る方法、注意点 - 寅山 日時期

小説ではないのですが、 こういうのもどうでしょうか? ミクシィの日記で公開したところ、 マイミクでは無い、藩王の方々にも御覧なっていただけました。 他にも必要としている方がいるのではないでしょうか? この版では、それに改良を加えています。 ●見やすい藩国サイトを作る方法、注意点 ・吏族を担当して感じたこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊能 誠人の日常

これは雪村しふぉんが詩歌藩国国民として迎えられた次の日の出来事である。 この日、伊能 誠人は一人の青年を連れて詩歌藩国藩邸に来ていた。 「藩王様、雪村しふぉん殿を連れて参りました。」 「よし、通せ。」 執務室に入る伊能と青年。二人が頭を下げた後、青年が口を開いた。 「藩王様、お初にお目にかかります。雪村しふぉんと申します。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民名簿

国民番号 国民名 族称 所属藩 魂の故郷 封土 根源力計 オーマネーム プレイヤー マジックアイテム 18000 九音・詩歌 藩王・文族 詩歌藩国 沖縄県 0 15000 詩歌 ウィングマーク 全員水泳大会 18001 都築つらね 華族・吏族 詩歌藩国(都) 富山県 2800 7000 tdkm 全員水泳大会 1800…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

・全員水泳大会事件に関する原因と調査

・全員水泳大会事件に関する原因と調査 帝國王女陸軍の動員結果と、その原因。 運用の問題点について、以下に研究結果を記す。 1.動員体制 帝國王女陸軍については各藩国に一律、一個中隊の軍隊の動員が求められた。 実際には各藩国の規模はバラバラであり、動員できる兵力には大きな差が生じる。 結果的に供出された部隊は定員とは程…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

―監視の目を欺け!  寅山日時期

先の戦闘で記録的な大勝利を挙げたわんわん帝国の諸藩国は、てんやわんやの大騒ぎである。 なぜか? 戦闘の実態は敵を取り逃して終了。 大規模行軍、大水泳大会をして終わっただけ、なのである。 もはや帝国のプライドも国民の血税も丸つぶれであり、 このままの結果がポチ女王の耳にはいると、そりゃ大激怒でご乱心で大爆破である。 と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ある事故の報告

件名:A71トモエリバー爆発事故 報告: 先日発生したトモエリバーの爆発事故により、整備に当たっていた数名が負傷。 豊国 ミロは鈴藤 瑞樹との入籍が決まっており、これが最後の仕事だった。 現在は面会謝絶の状態にある。 事故原因はリンクゲートへの突入及び水没、まだ搬入した資材と古い資材が混入したことによると見られており、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦いの朝/敗戦の日 ~ まどろみの終わり

目が覚める。 どうやら、予定の時間にはまだ余裕があるらしい……。 今のうちに、今日起きたことと起こるであろうことについて書いておこう。 ──九音・詩歌 41107002 朝 深夜0時38分。陸軍召集令が走る。 ステージ2 好きなのにすれ違う 前日の戦争準備で疲れきったものは多く、と、いうかまさに数名の藩王が「寝ます」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩歌藩国の放牧(食糧増産)──雪村しふぉん、星月 典子

これは詩歌藩国の放牧の様子です。   北に位置する詩歌藩国の山岳地帯では古来から牛や羊を使った酪農が盛んに行われてきました。 国内には大きな牧場があり、人々はかつてより肉牛や、乳牛を家畜として飼育してきました。 主な産物としては、ミルクにチーズ、ヨーグルトと、目に付く乳製品の多くを生産しており、その他にも牛肉にラム肉、は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩歌藩国の日常~雪村しふぉんの日常~

時間は午前が過ぎ去ろうかという頃、部屋の中で彼は読書をしながら溜息をついていた。 本のタイトルは…かすれてて読めるものではない。 少し埃も被っている。彼は大して気にもとめていないようだが… ページをめくる手は進む。 よく見るとページにも所々穴が開いている。 ずいぶんと年季の入った本である。 それとは別に、テーブルの上にはいく…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

岩崎祭り祈願SSだったもの(裏マーケット入札直後) - 鈴藤瑞樹

キャスト:酒巻 孝司+星月 典子+東雲 戒+須藤 鑑正+清水魁斗+経  詩歌藩国、王都イリューシア。 政庁の廊下で、酒巻 孝司は悩んでいた。 青の厚志と、岩崎 仲俊を詩歌藩国に逗留させる。 先ほど藩王に告げられた決定を、嬉しく思いつつも厄介に感じていたのである。 廊下を行ったり来たりと、いかにも悩んでいます、といっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

詩歌藩国戦争準備状況~文士 鈴藤瑞樹の場合~- 玩具箱@鈴藤瑞樹

「しばらく留守にしている間に、この国も変わったものだな」 私用で国外へ行っていた私、鈴藤瑞樹は思わずそうつぶやいた。ほんの数日前までは国中が冒険だ、お宝探しだと活気づいていたというのに。 街中を歩いていても、軍用車両やガンブレイズシンガーの姿が目につく。帝國宰相府も正式に戦時動員を発令したという。 人々から笑顔が消え、不安、恐怖、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

君の見た戦争

「また戦闘が始まるか…。新型I=Dの開発も進んでいるようだな。私にはI=D設計の才能はないが,I=Dを操縦することは出来る。我が藩国,いやわんわん帝国の全国民のため,今度の戦いに負けるわけにはいかない。前回のように何もやれないまま撤退することようなことは許されないのだ。」 静かの戦いへの闘志を燃やす伊能。あまり自分から多くを話すこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミロと真子の大追跡(笑) - 豊国ミロ

帝國宰相府からの戦時動員法の下知を受け、九音・詩歌は藩王の名の下に、戦時突入を藩国内に公布した。戦争が始まる。 戦争に向けて国民一致であたらねばならない。兄弟を脅かすものはこれを退け、姉妹を泣かすものは滅殺する。これがわんわん帝國の伝統であり、誇りだった。詩歌藩国もまた同様である。 このとき、新型I=D導入に向けて整備士たち“メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

・戦争準備~アイドレス技師須藤鑑正の場合

/*/ 須藤は人気のない路地を一人歩いていた。 新型I=D“トモエリバー”の開発作業を一時中断して、気晴らしに散歩をしていたのである。 「・・・まあ、ぶっちゃけていうと、少々行き詰まってるんだよ。 といっても機体の外観はもう完成してる。 問題はその次。カラーリングだ。 設計図というか外観図を描くのは、まあ、素人なりに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩歌藩国戦争準備状況~整備士清水魁斗の場合~

朝。 鳴り響く目覚まし時計に対し、布団の中で丸まるという空しい抵抗を続けている清水魁斗がいた。 止めればいいだけなのに後15分~とか布団の中で唸り続けているその男は、最近不幸続きだった。 お腹が空いたからと棚を漁り、唯一あったカレーソバを盛大にこぼしてたまたま着ていた白い服を台無しにし、食べ物が無かったので空腹のまま過ごす羽目にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はじめてのアイドレス

アイドレスへようこそ! 1 宇宙と書いてネットと読む、それがアイドレスの世界です。 理科の教科書等に良く載っている太陽系のモデル図がありますよね。 太陽を中心に、惑星の軌道が楕円形に描かれているのはクモの巣にちょっと似てます。 そして世界中を駆け巡るインターネットの世界。この二つの連想から宇宙と書いてネットと読みます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦禍の足音(詩歌藩国戦争準備状況)

振るう爪も恐れはしない 知識が鼓舞する信念を持つ者 色あせぬ熱意をもつ者 ともにゆこう ともに戦おう ──詩歌藩国戦場国歌より /*/ 詩歌藩国は、静かな国だ。 歌と物語を愛するこの国が静かというのは意外な話だが、この国に訪れた人の第一印象は、おそらくそういうものになるだろう。 この国はどの藩国とも隣接せず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hello new world

http://blog.tendice.jp/200701/article_12.html 電網適応アイドレス、いよいよ本格始動へ。 よって今回の日報は、実験的に国民名で表記することにしよう。 まずは第0ターンの締めくくり、藩国データチェック。 吏族60人がかりの大仕事である。 詩歌藩国は星見司+吏族のアイドレスの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more