イベント41:星見司試験:伊能 誠人

(1) アイドレスにおける根源力とは何かを世界設定的に考察してください。 1.根源力の高いものはイベントの際に人の上に立つ役職が与えられる。(吏族出仕や大規模戦闘) 2. 根源力が高いと参加できるイベントの幅が増える。(冒険など) 3. 根源力が高くても着用アイドレスの能力は変化しない 4. 根源力2万5千以下のもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イベント41法官資格試験:経

経 ○法官資格試験(自由)  3つの設問に答えてください。回答内容に応じて資格が与えられます。 1.過去にさかのぼって罰則を与える場合、のガイドラインを制定せよと言われた場合、 どういうガイドラインにしてどういう基準で罰するか、2000文字以内で答えてください。 まず罰則に値する行為がいつ行われたのを訴えた側、訴えられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イベント41星見司:経

経 ○星見司資格試験(星見司のアイドレス保持国限定)  3つの設問に答えてください。回答内容に応じて資格が与えられます。 1.アイドレスにおける根源力とは何かを世界設定的に考察してください。 今までのAマホと違って、アイドレスは根源力の数値によって成功要素(パラメータ)に補正はかからない。補正がかかるのはあくまで着用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イベント41星見司試験:九音・詩歌

○星見司資格試験(星見司のアイドレス保持国限定)  3つの設問に答えてください。回答内容に応じて資格が与えられます。 1.アイドレスにおける根源力とは何かを世界設定的に考察してください。 A.その人間が無名世界観全体に影響力を及ぼす可能性を表す。 ・根源力は天領(アイドレス事務局)から配布され、あるいは裏マーケットで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イベント41大吏族試験:寅山 日時期

大吏族資格試験レポート 複数人における効率の良い仕事方法 //*// 前回までの吏族チェックをみると、そこには大きな”無駄”がある。 このことが吏族チェックの進行速度を遅らせているといっても過言ではない。 それは人員の分配ミスである。 いや、それどころか人員の分配すらされていない。 人員を、チェックする藩国…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バレンタイン特別企画~絆を繋ぐドッグタグ~

敬愛、思慕、友情、仲間── 大切な人は、いますか? いつも仲のよい二人。共に学び、笑い、技を磨き、生きてきました。 ですが戦場では離れ離れです。 二人は女神像の前で友愛を誓い、お互いの無事を願ってドッグタグを交換します。 この国ではおなじみの光景です。 それは代々受け継がれてきた神聖な誓い。 女神の加護よ大切な…
トラックバック:7
コメント:53

続きを読むread more

詩歌藩国:イベント39課題提出

詩歌藩国課題提出です。 /*/ 1.以下の設定に沿うモンスターのイラストを書いてください。モンスターが強そうに見えるほど、戦闘難易度は下がります モンスターTYPE1 身長30m のっぺりしたゴムのような素材で包まれている。。手が長く、足が極端に短く、頭は長い。目は胸にあり、頭は左右に割れて口とミサイル発射口が見え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出話

あまり騒ぎ立てるのは望んでないだろうけれど。 それではあんまり寂しすぎるので、ちょっと思い出話でもしよう。 何しろ思い出なので不正確だったり美化されてるかもしれないが、まあそのくらいに思って欲しい。 土場藩國と言う国のことだ。 アプローの涙に参加した時、つまりわんわん帝國の藩国が募集された時、この国を初めて見た。 ああ、ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『寅ブルパニック 外伝-一生を捧げる趣味・赤坂 菊華の場合』:鈴藤 瑞樹

それは藩国会議が終了した頃、王都で起きたささやかな事件である。 今回の主役の名を赤坂 菊華という。 数ヶ月ほど前にふらりとやってきて、そのままこの国へ住み着いてしまった男である。 一見すれば北国人特有の真っ白&フサフサのモヒカンヘアーが目にも眩しいナイスガイであった。 しかし人間見た目通りとは限らない。この人物、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩歌藩国戦勝パレード

”ご覧ください、これが帝國の精鋭たちであります” ”火と氷の国、歌と物語の国、そして人と犬が手を取りあう国” ”詩歌藩国の精鋭達が勝利を飾り、帰ってまいりました!” ”詩歌藩国は藩王九音・詩歌陛下指揮の下で二個中隊を派兵、一人も欠けることなく帰還しました” ”先頭を勤めますはガンブレイズシンガー、銃火の歌い手達の行進…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

携帯向けサイトの作り方

携帯電話向けサイト、というのは職人芸である。 ともかく、携帯というのは機種が多い。 カバーできる範囲を広げようと思ったら、かなり簡素なページを作るしかない。 その上で必要な情報は入れなくてはいけない。 どうしたものかな、と思っていたのだけど、本日(2007/01/23)閃いた。 「携帯対応してるサイトを使えば…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

国力

●2007/01/28現在の保有資産 保有I=D:12 保有犬:36 予算:3 資源:18 食料:49 燃料:20 娯楽:16 ●生産力 食糧生産施設:毎ターン食料+10 神殿:毎ターン食料+10 アイドレス工場:毎ターンI=D+5、資源-5
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の献立

九音・詩歌の本日の昼食 A・揚げだし豆腐と豆腐ステーキの中間のようなもの B・湯豆腐的なもの C・ご飯 豆腐星人か私は。 Aは豆腐を水切りして小麦粉とパン粉で包んで揚げたもの。 パン粉が余ってたので使ってみたが、結構ふわふわでサクサク。 醤油とツユで味付けして頂く。 Bは鶏がらスープで湯豆腐を作ると言う色々間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藩王・王犬紹介

藩王:九音・詩歌 わんわん帝國伯爵 くおん・しいか。詩歌藩国を若くして治める伯爵。 アイドレスシステムの変遷により、先王から王位を引き継いだ。 (先王は普通に生存している、はず) 性別不明。戦場においては男装し、社交場では時にドレス、 時にタキシードと男装・女装を使い分ける。 わずかに青みがかった白い髪、澄んだ空の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保有アイドレス

■ACE 名称:・森精華(ACE) 評価:不明 特殊:・整備判定に必ず成功 ■職業アイドレス ◇北国人+吏族+星見司“スターテイラー” 評価:・体格0・筋力-2・耐久力-1・外見+1・敏捷0・器用+2・感覚0・知識+3・幸運-1 特殊:・アイドレス事務局(尚書省)に出仕できる。・戦闘事務行為 特殊:世界の謎ゲーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藩国民SS第一弾『寅ブルパニック第二話』 - 葉崎京夜

『寅ブルパニック第二話』 『子寅と料理・被害者(?)花陵の場合』 /*/ それは藩国会議終了後の雑談中に起きた惨劇である。 /*/ 厨房は今日も柔らかな歌声で満ちている。 歌声の主は花陵という女性である。幼く見えるが既に既に立派な成人であり、音楽と絵を愛する可愛らしい人物だ。 なんか、男性陣と扱いに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藩国民SS第一弾『寅ブルパニック』- 葉崎京夜

『寅ブルパニック』 それは藩国会議終了後の雑談中に起きた惨劇である。 その前に今回の主役を紹介しよう。 寅山 日時期。あごひげが渋いダンディーである。 色々な野望を持っていたが、その全てが破れ虚ろな心を持ったままさまよい歩いていた所を藩国に拾われ、現在はその恩に報いる為に吏族として懸頭刺股している。 この人物無名世界観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝國への不信 - 鈴藤 瑞樹

私、ポチは以下のように決定する。友情にまさる剣はなし。国をあげて確かに決定を実行せよ。 ~わんわん帝國宰相シロの勅命書より~ その日、詩歌藩国の藩王、九音・詩歌は政庁の執務室で仕事をしていた。 数日前の戦争で発生した膨大な書類仕事をただ黙々とこなしている。 時刻はすでに深夜にさしかかろうという頃で、政庁に残ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼女の旅立ち- 士具馬 鶏鶴

わんわん帝国のはじめての戦争が空振りに終わって、わんわん帝国宰相の怒りの矛先が国内に向けられ粛清の風が吹き始めようとしていた頃。  その日、士具馬 鶏鶴は日課の朝刊配達の途中だった。紙面に踊る「大勝」の大文字。それを見て、初めて彼はこの日課が嫌になっていた。これから自分が配るこの新聞を見る国民の事を考えると罪悪感とも言いがたい感情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乙女の祈りー前編ー:豊国 ミロ

ちくちくちく、と苦労して慣れない刺繍を一刺し一刺し縫った。いびつで不恰好だけど、とにかく気持ちだけは込めた。 出撃前夜。アルティニは同居人に気付かれないよう、こっそり夜更かしして刺繍に励んでいる。 ***乙女の祈り*** アルティニ・皆高は最近この詩歌藩国に来た少女である。正しく言うと、拉致されてきたのであった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more