ブルーベリーのお話(食糧増産)──雪村しふぉん、花陵

画像


たわわに実ったブルーベリー。
この国では、よく野生のブルーベリーが群生しています。
この国のブルーベリーは寒さに強く、樹に積もった雪を払うとひょっこりと顔を出すこともあるほどです。
野生のブルーベリーは子供たちがよく遊びに出かけたときのおやつとして食されていることがあります。
そして叱られている子供も多数…
ですが雪の中から取り出されたブルーベリーはよく冷えており、その味は格別。
国の誇るパティシエが野生のブルーベリーに唸りを上げることもあったそうです。
それもこれも手を加えていないそのままの味の良さにあります。
先人達が長い年月をかけて作り上げたこの土地では地質が良く、野生の果実の味もまた良いのです。
食事前には野生のブルーベリーを取りに出かける人もいるようです。

もちろん栽培もされています。
果樹園に栽培されているブルーベリーは無農薬、自然が一番。の食べ物です。
健康を求める上で、ブルーベリーのアントシアニンは重宝されています。
ブルーベリーを日常的に口にするこの国の国民たちはみな年齢より若く見えることでしょう。
また医学的にもブルーベリーを用いる薬品も存在するようです。
ですがまったく手を加えていない野生のブルーベリーと、栽培されたブルーベリーとの違いに頭を抱える研究者たちも…

食事には大抵ブルーベリーのジャムが付け合せで出てきます。
パンに塗ったりヨーグルトと一緒に食べたり。
子供たちのおやつとして出てくるスコーンとブルーベリージャムは国一番の菓子ではないか。とさえも言われています。
美味しいのですが、食べ過ぎると目が透き通ってしまうのが困り物。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック