詩歌藩国日報

アクセスカウンタ

zoom RSS フラン・ハレスとの邂逅

<<   作成日時 : 2009/09/22 00:31  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

九音・詩歌 さんの発言:
*こんばんわ。
生活ゲームの時間になりましたのでお呼びしました。
芝村 さんの発言:
*記事どうぞ
九音・詩歌 さんの発言:
*本日はよろしくお願いします。
*【予約者の名前】18-00341-01:九音・詩歌:詩歌藩国
【実施予定日時】9/21/23:00〜24:00
【ゲームの種別】生活ゲーム
【イベントの種別(時間):消費マイル】
 ・1時間:20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
フラン・ハレス(藩国非滞在ACE):10


【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計43マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・18-00341-01:九音・詩歌:0マイル:入学済


#誕生日枠を頂きました。
http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=5032
芝村 さんの発言:
*イベントは?
九音・詩歌 さんの発言:
*先日茜との会話で、色々と国内に入ってきてそうなのでその調査をしつつ、フラン・ハレスさんに会えないかと。
芝村 さんの発言:
*OK
*二分待て
九音・詩歌 さんの発言:
*はい
芝村 さんの発言:
*/*/
*ここは貴方の国の王級だ。
*ハレスは優雅に礼をした
九音・詩歌 さんの発言:
*r:礼を返します。
「ようこそ、詩歌藩国へ」
芝村 さんの発言:
*ハレス:「おまねきいただきまして、ありがとうございます」
九音・詩歌 さんの発言:
*Q:ハレスさんはどんな方でしょうか?
芝村 さんの発言:
*ハレス:「わたくし、ちょっとした吟遊詩人のフラン・ハレスです」
*ハレスはにこっとわらった。ひどい優男だ。
九音・詩歌 さんの発言:
*「九音・詩歌です。お噂はかねがね」
芝村 さんの発言:
*蜂蜜色の巻いた髪に、スマートな体つきだ。
*ハレス:「いえいえ。詩人としては三流ですので」
*ハレスは笑ってる
九音・詩歌 さんの発言:
*「ご謙遜を。さて、今日は色々と巷の話でも聞ければと思いまして。
お茶でも飲みながら、いかがですか?」
芝村 さんの発言:
*ハレス:「いいですね。ぜひ」
*ハレスは優雅に座った。こいつはたぶん、王族だよ。それも大国の
*ハレス:「どんなお話をおきかせしましょうか」
*ハレス:「恋歌でも、悲しい話でも。お宝の話でも」
九音・詩歌 さんの発言:
*なかなか。
「ならば是非、あなたの旅で見聞きした話など」
芝村 さんの発言:
*ハレス:「長い長いお話ですが・・・そうですね。蜘蛛の都の、話でもしましょうか」
*ハレス:「かつて、古い王都に蜘蛛の都というものがありまして。そこにはたくさんの、蜘蛛が、人にかわって住んでおりました。大きさは10mもありましょうか」
九音・詩歌 さんの発言:
*「大きいですね」
芝村 さんの発言:
*ハレス:「数は一万はおりました」
*ハレス:「私は、そこが勇者達に滅亡させられて、ときいて、あわてて見にいきました」
*ハレス:「ところが・・・」
九音・詩歌 さんの発言:
*「ところが?」
芝村 さんの発言:
*ハレス:「まあ、たしかに滅亡はしていたのですが、その地下に、新たな蜘蛛の巣がありまして」
*ハレスは微笑んだ。
*ハレス:「今も、古代のお宝や都市とともに、また地上に出る日を、まっているようです」
九音・詩歌 さんの発言:
*「……そら恐ろしい話ですね。いや、ロマンかな?」
芝村 さんの発言:
*ハレス:「勇者の中には詩人もいたそうです。ははは」
*#こいつ、わかっていってそう
九音・詩歌 さんの発言:
*#ばれてますね(笑)
芝村 さんの発言:
*ハレス:「ちなみにその迷宮は、火山に繋がってるという、噂があります」
*ハレス:「あくまで噂ですけどね。私がみてないので、確証はありません」
九音・詩歌 さんの発言:
*「火山と? この国も、最近噴火を経験したところですよ」
芝村 さんの発言:
*ハレスは微笑んで頭をさげた
九音・詩歌 さんの発言:
*#調べた方がよさそうですね
芝村 さんの発言:
*そうね
*ハレス:「おきに、召しましたか?」
九音・詩歌 さんの発言:
*「良い話をお聞かせいただきました」
芝村 さんの発言:
*ハレス:「ありがとうございます。お口直しに、良いお話でも」
九音・詩歌 さんの発言:
*これから見に行く、のは微妙ですね。
念の為部隊を動かす算段でもしておくか……と考えつつ
「是非」
芝村 さんの発言:
*ハレス:「最近、火山の近くに一本、楡の木がありまして」
*ハレス:「変わったほこらがあるそうです。そう、古代の英雄をまつるものに見えました」
九音・詩歌 さんの発言:
*楡の木といえば、猫の通り道……
*「古代の英雄、ですか」
芝村 さんの発言:
*ハレス:「ええ」
*ハレスは微笑んでいる。
*ハレス:「実際、あのあたりでは妖精を見たという、子供達の話もあります」
九音・詩歌 さんの発言:
*「火山の近く……噴火の被害を免れたのか、最近現れたのかですね」
*何か、今すぐ見に行きたい気が
芝村 さんの発言:
*ハレス:「最近でしょう」
*ハレス:「古い友人に、あえるかもしれませんね」
九音・詩歌 さんの発言:
*そわそわしてます
芝村 さんの発言:
*ハレス:「そろそろおいとまを戴きたく」
*ハレス:「不肖、ハレス、また、歌の修行をしたく」
九音・詩歌 さんの発言:
*「これは、すみません。よき話をお聞かせいただきました」
*立ち上がって礼を。
芝村 さんの発言:
*ハレスは微笑んで、去っていったよ。
九音・詩歌 さんの発言:
*「あなたの歌がこの世界に響きますように」
芝村 さんの発言:
*ハレス:「歌でなくてもいいので、平和がくるよう」
*さて。どうする?
九音・詩歌 さんの発言:
*藩国部隊に、火山周辺の追跡調査をお願いします。
遺跡が出てるかもしれない。
私は、祠へ。
芝村 さんの発言:
*/*/
*貴方は、火山を登っている。
*あれ。魔法にかかったように、溶岩がなくなっている地帯がある
九音・詩歌 さんの発言:
*「これは……」
そちらに向かいます。
芝村 さんの発言:
*場違いな緑の場所がある。
*小さなほこらと、おおきな楡の木。
*貴方は貴方の名を呼ぶ声が聞こえた。
九音・詩歌 さんの発言:
*風妖精を連れた英雄の歌を口ずさみながら、近づいていきます。
芝村 さんの発言:
*ひょっこり風妖精が顔だしたよ。
*それと、筋肉の塊も。
*ターニ:「今度はどこだー?」
九音・詩歌 さんの発言:
*「やあ。……お久しぶり!」
芝村 さんの発言:
*ターニ:「あー!」
*サラ:「わー」
*/*/
*物語が、再び始まる。
*はい。お疲れ様でした。
九音・詩歌 さんの発言:
*「手短に説明すると、ここはアイドレスのニューワールド、わんわん帝國の詩歌藩国」
*お疲れ様でした〜。懐かしい顔に(笑)
芝村 さんの発言:
*ははは
*ハレスからの評価は+1+1でした
*秘宝館には1,1で依頼できます。
*いい話だね
九音・詩歌 さんの発言:
*ありがとうございます。
芝村 さんの発言:
*では解散しましょう。おつかれさまでしたー
九音・詩歌 さんの発言:
*お疲れ様でした

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
フラン・ハレスとの邂逅 詩歌藩国日報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる