詩歌藩国日報

アクセスカウンタ

zoom RSS 災禍について藩王声明

<<   作成日時 : 2008/10/30 20:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

竜による攻撃を受けた国について:
亡くなられた方、被害を受けた国の方々に、深く哀悼の意を捧げます。

私達は竜との共存を主張し、その方法を模索してきました。
今もそれは変わりません。
ゆえに、今はただ陳謝するばかりです。
竜の行動の責任は詩歌の責任でもあるからです。
竜の去った今、焼かれた国々を蘇らせるのは私達人間の仕事なのでしょう……。

私達は被害の調査と救助に協力し、各国の復興を見届けます。
そして、再びこのような事がないよう努力せねばなりません。

竜の去った後の世界に:
竜は去りました。
いずれは帰って来るかも知れませんし、帰っては来ないかもしれません。
ですが、否定してはいけないのは、この世界に確かに竜がいたという事です。

この世界は幾度も危険にさらされてきました。
幾たびの戦争、異世界との衝突、そして世界そのものの崩壊。
竜はこの世界を見守り、警告を発してきました。

今、竜は去りました。
残された人間は為すべき事を為さねばなりません。
もう警告してくれるものはいないのです。

竜がいた事を、竜がした事を語り継ぎましょう。
そしてこの世界を、その間護るのが私達の役目です。


九音・詩歌/03018002

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
災禍について藩王声明 詩歌藩国日報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる