詩歌藩国日報

アクセスカウンタ

zoom RSS 高位北国人+魔法使い+バトルメード+風を追う者

<<   作成日時 : 2007/08/02 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●高位北国人+魔法使い+バトルメード+風を追う者

L:魔法使い={
 t:名称=魔法使い(職業)
 t:要点=婚期を逃した,純真そうな顔
 t:周辺環境=街角
 t:評価=体格0,筋力−1,耐久力−1,外見0,敏捷−1,器用1,感覚2,知識2,幸運0
 t:特殊={
# *魔法使いの職業カテゴリ = 基本職業アイドレスとして扱う。
# バトルメード・魔法使いは基本職業に含めるか不確定
  *魔法使いは詠唱戦行為ができ、この時、詠唱戦((知識+器用)÷2)の攻撃判定は評価+2され、燃料は必ず−1万tされる。
  *魔法使いは5m先までの目標に自らの人生を語ることで人間相手なら泣かせて前を見えなくさせ、相手の感覚力を評価−4に低下させることができる。ただし、相手も魔法使い、アラダである場合は効果がない。(燃料は消費しない)
 }
 →次のアイドレス:・大魔法使い(職業)・風を追う者(職業)・海法紀光(ACE)


L:バトルメード={
 t:名称=バトルメード(職業)
 t:要点=メード服,箒型銃
 t:周辺環境=宮廷
 t:評価=体格0,筋力0,耐久力0,外見1,敏捷0,器用−1,感覚2,知識−1,幸運1
 t:特殊={
# *バトルメードの職業カテゴリ = 基本職業アイドレスとして扱う。
# バトルメード・魔法使いは基本職業に含めるか不確定
  *バトルメードはI=Dのパイロットになることができる。
  *バトルメードは援軍行為ができ、王女の許可があればどこの藩民としても活動できる。
 }
 →次のアイドレス:・ハイパーメードお局さん(職業)・はぐれメード(職業)・ガンスリンガーメード(職業)・侍女(職業)


L:風を追う者={
 t:名称=風を追う者(職業)
 t:要点=旅装束
 t:周辺環境=絶望の荒野
 t:評価=体格0,筋力−1,耐久力0,外見0,敏捷0,器用1,感覚0,知識3,幸運0
 t:特殊={
  *風を追う者の職業カテゴリ = 派生職業アイドレスとして扱う。
  *風を追う者は世界解析ができ、攻撃対象の技を一つ、無効化できる。
 }あ
 →次のアイドレス:・ネコリスの友(職業)・風の中心を探すもの(職業)・TAGAMI(ACE)


L:高位北国人={
 t:名称=高位北国人(人)
 t:要点=涼しげな服装,白い肌で美しい人材,白い髪,頭環
 t:周辺環境=雪の中の王宮
 t:評価=体格2,筋力2,耐久力0,外見2,敏捷0,器用0,感覚1,知識1,幸運0
 t:特殊={
  *高位北国人の人カテゴリ = 高位人アイドレスとして扱う。
  *高位北国人は根源力25000以下は着用できない。
  *高位北国人は一般行為判定を伴うイベントに出るたびに食料1万tを消費する。
 }
 →次のアイドレス:・呪術師(職業)・吟遊詩人(職業)・船乗り(職業)・藩王(職業4)

継承→http://blue-bell.at.webry.info/200707/article_5.html


(花陵)
画像


「では藩王、いってきます。留守の間のことは、よろしくお願いします。」

  「よろしくお願いしますねー。」

  一組の男女が軽く会釈をして、目の前に立つ一人の人物へ言った。

  飾り気のない眼鏡をかけた、短髪の男。細身だが筋肉質の体型、*(1)涼しげなノースリーブのシャツにズボンを身に着けて、肩からブリリアントグリーンのマントをかけていた。首には宝玉の首飾りをかけ、右手には*(2)箒型のライフル銃が握られている。

  その隣に、髪をセミロングにした女性。*(3)スカートタイプの半袖の制服を身に着け、鮮やかなスカイブルーの上から桃色のエプロンドレス、胸元にあるリボンの上にはマリンブルーのブローチがついていた。左手には杖、右手には大きめのバック*(1)を持っていた。
  彼女の持つ杖は、先端に大きな宝玉が据え付けられ翼の装飾が施されている。先端の透き通った青い宝玉の中には、ゆらゆらと蒼白い炎の様なものが宿っている。

  二人とも整った顔立ちで髪や肌の色は白く、瞳の色は若干の違いはあったが深い青色だった。


  場所は、詩歌藩国政庁玄関前。厚い雲に空は覆われ、太陽の姿は見えない。だが、肌に纏わりつくような湿気と熱気が、夏の到来がそう遠い事ではないと感じさせた。

  植えられた街路樹の葉を揺らす、爽やかな風はない。時折吹いてくる弱々しい風はただ不快感を蓄積させるだけだった。



  「まかせておいてください。いつも竜宮さんと星月さんには苦労を掛けていますし、ちょっとした小旅行のつもりで行って来てください。」


  目の前で自分へと会釈する二人の名前を呼びながら、詩歌藩国藩王 九音・詩歌が優しく言った。

  表情はどこまでも軟らかく、それでいて見た者にため息をつかせるような美しい笑顔を浮かべている。艶やかな長く白い髪、透き通る白い肌、完璧の造形美を体現したその人物の言葉からは、深い労わりと感謝が溢れていた。


  「そういう訳にもいかないでしょう、これも仕事ですし。」

  「はーい、楽しんできますっ!」

  九音の言葉に、それぞれの返事を返す。竜宮も星月も、*(4)子供のような純真さを含んだ満面の笑みを浮かべている。二人の言葉には自身の個性が如実に現れていて、九音は可笑しそうに笑った。

  そして、二人は九音に背を向けて石畳の道を歩き出した。足取りは軽く、星月にいたっては途中からスキップになっていた。その様子を見て、竜宮が一言二言何か言っている姿がしばらく続いた。



  少しずつ遠ざかっていく二つの背中を、九音・詩歌はずっと眺めていた。二人の姿が見えなくなって、一度深呼吸をしてから、

  「・・・・仕事のしすぎで、*(5)婚期を逃したなんて笑えませんし、ね。」

  そう誰ともなしに言って政庁の中、藩王執務室へと戻った。

 (※藩王注:しかしこの二人で何か起こる事もあるまい)




  二人は政庁のあるオフィス街を抜けて、大通りにでた。


  通りの脇には様々な店が立ち並び、たくさんの人が通りを行きかっている。
  街行く人の服装は殆ど半袖になり、長袖の服を着た人もしめっぽい暑さに負けて袖を折り曲げていた。
  外に居る人の殆どが汗をかいていたが、冷房の効いた飲食店の中に居る人だけは涼しげな顔だった。

  「あ、そうだ。竜宮さん、すこし寄りたい店があるんですがいいですか?」

  「もちろんいいですよ、なにせ小旅行だそうですし。」


  星月の突然の申し出に、竜宮は屈託のない笑顔を浮かべて快諾した。

  通りに面した一軒の個人商店へと、星月は迷う様子もなく吸い込まれるように店内へと入っていった。
  後ろを歩いていた竜宮は、店の外で星月の用が済むのを待つことにした。


  *(6)星月が入った個人商店。
  店先に大きな窓ガラスがはめ込まれ、中の様子が外から良く見えるようになっている。
  店の中にはその大きな窓枠と向かい合うように長い木製のカウンターが備え付けられ、背後の壁を様々な商品が隙間無く並べられた棚が覆っていた。


  「いらっしゃいませ、星月さん。本日はいかが致しましたか?」

  「えっと、ダージリンの追加注文に参りました。お願いできますか?」

  店に入った星月は、カウンターを隔てた年の若い店の主人の問いに丁寧な口調で答える。

  「それは勿論でございます、それではこの書類に注文内容のご記入をお願いいたします。」

  「はいー。」

  そう言いながら、店主はカウンターの下から一枚の書類を取り出して万年筆と共に星月へと渡す。
  星月は杖をカウンターに立てかけ、バッグをカウンターに置く。店主の差し出すそれらを受け取り、必要事項を記入していく。


  「・・・・はい、よろしくおねがいします。配達先はいつもの政庁ではなく*(7)宮廷でお願いしますね。今度のお仕事が終わったら、藩国滞在の有名人の方々を宮廷に招いて、お茶会を開く予定なんです!」」

  「かしこまりました、ご注文ありがとうございました。」

  星月から書類と万年筆を受け取って、店主が深々と頭を下げる。

  「こちらこそ、いつも美味しいお茶を飲ませていただいてありがとうございます。これからもよろしくお願いします。では、失礼します。」

  そう言って、星月は杖とバッグを手に取り、店を出た。



  「すいません、お待たせしましたっ!」

  「いえいえ、それではいきましょうか。」

  そして、星月と竜宮は再び歩き出す。
行き交う人々の姿を眺め、活気に溢れた町並みの声に耳を傾けながら。



* (1) 職業:風を追う者 の 要点:旅装束 を満たしています。
* (2)(3)(7) 職業:バトルメード の 要点:メード服・箒型銃 周辺環境:宮廷 を満たしています
* (4)(5)(6) 職業:魔法使い の 要点:婚期を逃した・純真そうな顔  周辺環境:街角 を満たしています
(文:士具馬 鶏鶴)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高位北国人+魔法使い+バトルメード+風を追う者 詩歌藩国日報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる