詩歌藩国日報

アクセスカウンタ

zoom RSS ・フランク=ヤガミ(ACE)

<<   作成日時 : 2007/07/15 05:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<急げ。俺のいつかが泣いたらお前の藩国皆殺しだ>──フランク=ヤガミ初邂逅時の言葉 80407002

L:フランク=ヤガミ={
 t:名称=フランク=ヤガミ(ACE)
 t:要点=黒髪,中年,目が人殺し,笑顔,眼鏡,イエロージャンパー,無精ひげ
 t:周辺環境=ペンギン
 t:評価=全能力18
 t:特殊={
  *フランク=ヤガミのACEカテゴリ = 逗留ACEとして扱う。
  *フランク=ヤガミは宰相として扱う。
  *フランク=ヤガミは編成に加えることが出来ない。
  *フランク=ヤガミは白兵戦、近接戦、中距離戦を行うことが出来、この時評価+3の修正を得る。
  *フランク=ヤガミは他のACEを殺害する時に+20の修正を得る。
  *フランク=ヤガミに殺害された存在は元の世界に送還され、アイドレスのことを忘れる。
  *フランク=ヤガミはその正体を口に出した者を殺害する。この効果は生活ゲーム中に発生する。
 }
 →次のアイドレス:・オタポン(ACE)・鋸山信児(ACE)・労働一号かれんちゃん(ACE)


フランク=ヤガミが私たちの前に姿を現したのは【松井の曙】として知られる、後ほねっこ男爵領における藩民救出作戦が最初となる。
この時彼は“赤にして慈悲”の保護者として登場する。

まるで義勇社員のような黄色いジャンパーを着た、無精ひげを生やした中年の男。
娘に甘く、娘以外には傲岸不遜。
彼は最初<トーゴ>という名前になっており、偽ヤガミとも呼ばれている。
彼もまた一なる一人を選ぶ黄金戦争、そこに名を連ねるアラダなのだった。

彼にはいくつもの顔がある。
娘を溺愛する保護者。
ぽち姫を守るため、宰相にホーリーガンを与えられた狙撃手。
絶技を操るアラダの一人。
そしてあるいは、星見司処の長官。

大抵の場合フランク=ヤガミは目を細めた笑顔を浮かべているが、その眼鏡の奥で物騒な輝きを放つ視線はもはや人殺しのそれであり、現実(リアル)では人を殺すのも時間の問題といわれている。
出来うれば、彼を敵に回すのは避けた方がいいだろう。

しかし、これで可愛いものには目がなかったりもするので、まったく世の中は侮れない。
ハードボイルドと並んで攻めてこられたら、あらゆる意味で全面降伏せざるを得ないだろう。

画像


「いや、あの時は本当に、肝が冷えましたね。判断を間違ったら本当に殺されてたんじゃないかな。
いや、もちろん感謝してますよ。おかげで助かった命も多い。
だから……そうですね。
彼は生と死の境界線に立っているのかもしれない。
Memento mori、人に死を意識させる存在。
そんなふうに思います」

          ──九音・詩歌


「・・・・・・・」ガクガクブルブル

          ──竜宮 司


あの時はよくも〜〜!
ふ、ふ。びしびし、働いてもらうよ(笑)

「へ、労働の報酬?皆でお茶でいいよね?
えーと。クッキーとチョコと飴ちゃんと…お酒?ケーキでよい?いちお、キルシュ入ってるよ!」

          ──お茶の用意をしながら、しゃべり続ける花陵。


(文:九音・詩歌)
(絵:豊国 ミルメーク)

→トーゴ大暴れのイベント70ログはこちら

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
・フランク=ヤガミ(ACE) 詩歌藩国日報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる