詩歌藩国日報

アクセスカウンタ

zoom RSS 一人は皆の為に皆は一人の為に(絶技)

<<   作成日時 : 2007/07/14 03:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「Tous Pour un、un Pour Tous」(みんなはひとりのために、ひとりはみんなのために)
 ──詩歌藩国、伝説の犬銃士の言葉より。

L:一人は皆の為に皆は一人の為に={
 t:名称=一人は皆の為に皆は一人の為に(絶技)
 t:要点=フランス語の文言(*1),文言を書いた文を読んだ人物(*2)
 t:周辺環境=路地(*3)
 t:評価=なし
 t:特殊={
  *一人は皆の為に皆は一人の為にの絶技カテゴリ = 藩国絶技として扱う。
  *一人は皆の為に皆は一人の為にを使用した部隊は防御評価が+5される。この絶技を使用するたびに燃料−10万tされる。
 }
→次のアイドレス:・英雄召喚(絶技)・高知総犬(ACE)・聖杯探索(イベント)・聖騎士の武具(兵器)


そこは寒い国でした。

雪に覆われた路地裏に、毛足の長い犬妖精が一匹、駆け込んできます。(*3)
そこにはとても立派な王犬とその仲間達がいて、駆け込んだ犬妖精をあわせて実に37匹もの犬士たちが集まっているのでした。

37匹の犬士は言いました。
「ワン フォア オール、オール フォア ワン(一匹はみなのために。みなは一匹のために)」

細身の剣を打ち合わせ、37匹が一斉に唱和します。
王犬は駆け込んできた犬妖精に視線を置き、優しく語り掛けました。
「では話しておくれ。君が何を見、何を聞いてきたのか……」

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜王犬物語、第2章序文より

画像


/*/

みんなは一人のために、一人はみんなのために
"Tous pour un, un pour tous"(*1) 『三銃士』les Trois Mousquetaires(1844年刊)9章

私は静かにその言葉をつぶやいて、手にした本をそっと閉じた。(*2)
それは銃士……マスケティア達の誓いの言葉であり、現代ではチームワークのすばらしさを讃える言葉として知られる。
原典とされる『三銃士』以前から伝わっていた言葉であり、むしろ三銃士の中でこの言葉が使われたのはただ一度。
だが、その一度が強い印象を残している。
 それは三人と一人の銃士たちが強い絆で結ばれ、困難に打ち勝っていく様をこの言葉が見事に表現しているからに他ならない。

私にも、そんな友がいる。
今は違う国に別れたもの、かつて轡を並べて戦ったもの。
世界の果てを目指して旅した妖精、あるいは心優しい悲しい魔女のために、血と涙を流して駆け抜けた家族。

はるか天空に浮かぶ城を目指し、歩んだ日々。
伝説の神器を求め、夜を徹して駆け回ったあの日。

あなたに背中を任せられる戦友が、いつでも信じられる友がいるのなら。
苦しい時こそこの言葉を胸に立ち上がることだ。

あなたには、仲間がいて。
仲間には、あなたがいる。
(絵:星月典子)
(文:九音・詩歌)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一人は皆の為に皆は一人の為に(絶技) 詩歌藩国日報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる