詩歌藩国日報

アクセスカウンタ

zoom RSS 北国人+歩兵+パイロット

<<   作成日時 : 2007/04/24 06:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

L:北国人={
 t:名称=北国人(人)
 t:要点=暖かい服装,白い肌で美しい人材,白い髪
 t:周辺環境=針葉樹林,木もないような雪原,豊かな小麦畑,豪雪対策された家,高い山
 t:評価=体格1,筋力0,耐久力−1,外見1,敏捷0,器用0,感覚0,知識1,幸運0
 t:特殊={
  *北国人の人カテゴリ = 基本人アイドレスとして扱う。
  *北国人は一人につきターン開始時に食料1万tが増加する代わりに生物資源1万tを消費する。
  *北国人は一般行為判定を伴うイベントに出るたびに食料1万tを消費する。
 }
 →次のアイドレス:・犬妖精(職業)・魔法使い(職業)・歩兵(職業)・パイロット(職業)・整備士(職業)・国歌(絶技)・アイドレス工場(施設)・寮(施設)・食糧生産地(施設)・バトルメード(職業)・高位北国人(人)


L:歩兵={
 t:名称=歩兵(職業)
 t:要点=歩兵銃,軍服
 t:周辺環境=なし
 t:評価=体格0,筋力0,耐久力1,外見0,敏捷1,器用−1,感覚0,知識1,幸運−1
 t:特殊={
  *歩兵の職業カテゴリ = 基本職業アイドレスとして扱う。
  *歩兵はI=Dに乗っていないとき、独自で近距離戦闘行為ができ、この時、選択によって近距離戦の攻撃判定は評価+1できる。補正を選択した時は燃料1万tを必ず消費する。
  *歩兵はI=Dに乗っていないとき、独自で中距離戦闘行為ができ、この時、選択によって中距離戦の攻撃判定は評価+2できる。補正を選択した時は燃料1万tを必ず消費する。
  *歩兵はI=Dに乗っていないとき、独自で遠距離戦闘行為ができ、この時、選択によって遠距離戦の攻撃判定は評価+1できる。補正を選択した時は燃料1万tを必ず消費する。
 }
 →次のアイドレス:・戦車兵(職業)・偵察兵(職業)・工兵(職業)


L:パイロット={
 t:名称=パイロット(職業)
 t:要点=パイロットスーツ,マフラー
 t:周辺環境=飛行場
 t:評価=体格−1,筋力0,耐久力0,外見0,敏捷0,器用0,感覚1,知識1,幸運−1
 t:特殊={
  *パイロットの職業カテゴリ = 基本職業アイドレスとして扱う。
  *パイロットはI=D、航空機、宇宙船のパイロットになることができる。
 }
 →次のアイドレス:・名パイロット(職業)・瀧川陽平(ACE)・カール=T=ドランジ(ACE)・舞踏子(職業)


“ガンブレイズシンガー”(星月 典子)
画像
──銃声が雪原に響く。
何処までも澄んだ空に、甲高い音を立てて。
それは銃火の調べ、戦場のバラード。
雪深い大地に溶け込み、苦もなく走り回る彼らはこう呼ばれる。
“ガンブレイズシンガー”、銃火の歌い手と。
(九音・詩歌)

詩歌藩国の民は歌と踊りを愛する比較的温厚な人々として知られるが、それを守りたいという強い志を持って兵に志願する若者も少なくない。
また配属については各々の希望と適正をかんがみて決定される。

多くは陸上戦力の基幹である歩兵として鍛えられる。現代の戦争において、火力や機動力が非常に重視されており、歩兵は補助的な戦力として考えられる場合が多いが、拠点制圧・市街戦などのように火力が制限される場面においては、高度に組織化し訓練された歩兵部隊は必須の存在である。
彼らは日々、雪の降り積もった雪原で、山間に点在する針葉樹林で、時には軍事基地の南西に位置する霊峰シュティオンへ遠征して、幾度ものサバイバル演習を行っているのだ。

中には歩兵ではなく、パイロットとしての教育を施される者もいる。
戦闘機やRB等、いずれも専門の教育を受け、膨大な時間の実地訓練をこなしてようやく機体を任される。ほんの一握りの限られた者にしか許されない、それがパイロットなのだ。

ここで少し彼らの服飾についてふれようと思う。
戦闘服装は装飾性を排し機能性を重視したデザインであるのが一般的だが、それよりもまず目にとまるのは真っ白な軍服だろう。
その白と灰色を基調とした服装は、無論雪上での戦闘を想定してのことである。無彩色の肌と衣服が、そのまま自然と一体化して身を隠すのだ。
また手袋は銃器が取り扱いやすいように薄く、かつ防寒性をもたせるため特殊な加工が施されている。
服の襟や袖には、戦場へと赴く戦士たちの無事を祈る詩が刺繍されている。これは戦地へ向かう息子を思い、母親が無事を祈って縫ったという昔話が始まりで、現在では家族、恋人、親友など、ごく親しい人に縫いつけてもらうのが慣例となっている。
(鈴藤 瑞樹)


☆周辺環境

・飛行場(九音・詩歌)
画像
地形番号(0512):
研究都市の南西部に新設された長方形の飛行場。
ゴーストドッグによる物資の運搬を目的として設計された。

全長1km、幅300mの滑走路に中央地区が併設されている。
中央地区は管制塔・ターミナル・搬入施設の三つから成っており、整備ドックは
やや離れて滑走路に垂直に交わるよう設置されている。

管制塔は四階建てで、屋上にレーダー、四階に三方向強化ガラス張りの管制室、
三階と二階に大型機材、一階に休憩室がある。
ターミナルには道路に通じた玄関、物資や人の流れを把握する管理室、待合室、
管制塔と搬入施設への連絡通路などがある。
搬入施設は貨物が行き交うため研究都市の道路と直結している。
整備ドックは入り口が大きく開かれているが、風雨をしのぐため鉄のカーテンが設置されている。

・飛行場(竜宮 司)
画像
滑走路はゴーストドッグ一機分、その中にグレイハウンド三機分の航空灯が埋め込まれている。
計四種類の航空灯をそれぞれ色分けすることで着陸時の事故を減らしている。

飛行場の周辺には防護柵と耐寒性に優れたヤシの木がうえられており、暖かい地方を好む者たちにいささかの南国気分を与えてくれる。
(酒巻 孝司)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
北国人+歩兵+パイロット 詩歌藩国日報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる