詩歌藩国日報

アクセスカウンタ

zoom RSS イベント41法官資格試験:経

<<   作成日時 : 2007/02/19 22:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



○法官資格試験(自由)
 3つの設問に答えてください。回答内容に応じて資格が与えられます。
1.過去にさかのぼって罰則を与える場合、のガイドラインを制定せよと言われた場合、
どういうガイドラインにしてどういう基準で罰するか、2000文字以内で答えてください。
まず罰則に値する行為がいつ行われたのを訴えた側、訴えられた側両方から(ログを見ていたのならば第三者からも)把握し、その行為の行われたBBSやチャットのログを提出してもらう。(藩国HP・メッセンジャーならファイルまたはスクリーンショット)証拠の隠滅や捏造を防ぐために前後のログも提出してもらい、検証を第三者(法官資格者)がやると望ましい。
罰則に値する行為が実際に行われていたと確証したあとに、当時その行為は不正行為(他人に強く不快感を与える行為)だったかを確かめる。当時明確に罰則規定に当てはまっていたのなら、そのまま法を適用し。明確に定められていない行為(法の抜け道)だった場合、法官会議を開き明確な悪意を持って不正行為となると予測しながら実行した場合と、たまたまミスでそうなってしまった場合について相談する。
前者には適用する罰則の重さを中心に、後者には再発防止と責任者の管理責任を見直すと良いと思われる。ケースバイケースなのであくまで会議で話し合う。もちろん会議出席者は第三者および買収されていない人物である。会議の開催時には外部には匿名で行い、終了後に参加者の名前を公表すると良い。

2.なぜ機械的にではなく、法官という人をあてるのかを推察して答えなさい。(すでに資格保持者はこの設問に答える必要はありません)
アイドレスはまだ生まれたばかりであり、プレイヤーも法も成長していくものである。人というものは工夫し続ける生き物であるため常に新しい感覚を持ち、法を適応していくのが望ましい。特に想定してなかったケース(法の抜け道)やPL同士のいさかいなどは機械的にはっきり白黒つけるのは難しいため、話し合いや柔軟な対応が出来る人である必要がある。
また、藩国内に法官資格者がいる場合に彼彼女らの存在によって不正行為の抑止力となる場合がある。

3.藩王会議などで罰則をあたえるにたりる行為、発言タイプを推察して罰則を与える場合のガイドラインを2000文字以内で答えてください
暴言・非難中傷:罰金(数字は被害者の心情、加害者の事情をかんがみて決めると良い)目にした場合は間に合うのならば、仲裁役を買って出るとよい(法官資格者である必要は無いが中立性を保つこと)
PLへの過度な期待:根源力のマイナス(数字は被害者の心情、加害者の事情をかんがみて決めると良い)目にした場合は仲裁役を買って出るとよい。都合が合うのならば、仲裁役を買うこと(法官資格者である必要は無いが中立性を保つこと)
他の藩国に対する過度な干渉:罰金また根源力のマイナス(数字は被害者の心情、加害者の事情をかんがみて決めると良い。アイドレス社会全体に及ぶ事態となった場合は間に合うのならば仲裁役を買って出るとよい(法官資格者であるのが望ましいが中立性を保つことを重視に一般プレイヤーでもよい)
ダイスロールの失敗等によるゲーム不利益によることへの恨み言:罰金(数字は被害者の心情、加害者の事情をかんがみて決めると良い)目にした場合は仲裁役を買って出るとよい(法官資格者である必要は無いが中立性を保つこと)
これらのプレイヤー同士の問題は速度が重要なため、発見次第対応していくことが重要だと考える。そのため”悩み相談室”のような形で不快行為を行われたものが申告する場所、または目撃したものが問題があるのではないかと書き込める掲示板の設置が必要と考える。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イベント41法官資格試験:経 詩歌藩国日報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる