詩歌藩国日報

アクセスカウンタ

zoom RSS ・全員水泳大会事件に関する原因と調査

<<   作成日時 : 2007/01/20 22:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

・全員水泳大会事件に関する原因と調査

帝國王女陸軍の動員結果と、その原因。
運用の問題点について、以下に研究結果を記す。

1.動員体制
帝國王女陸軍については各藩国に一律、一個中隊の軍隊の動員が求められた。
実際には各藩国の規模はバラバラであり、動員できる兵力には大きな差が生じる。
結果的に供出された部隊は定員とは程遠い不揃いな軍隊であった、とここに断定する。
ペナルティを課して小国に無理な動員をさせるよりも、定数(小隊・中隊・大隊)を満たせる軍隊が望ましい。
そのため、賞罰については人数単位ではなく小隊単位での判断が望ましい。
出し惜しみをされてもかなわないが帝國に仕える藩国は元より忠義の民である。
・最低一個小隊の派遣が出来なかった国は重いペナルティー。
・二個小隊を派遣するのが現在の各藩国規模からして通常可能なライン。ここを基準。
・三個小隊=一個中隊以上派遣可能な藩国の中から優先して中隊長を選出。
自国の中隊を中心に、各藩国の小隊を予備戦力とした軍隊を形成する。

賞罰については
・一個小隊=軽度のペナルティー
・二個小隊=通常のリザルト
とし、一個中隊ごとのボーナス、中隊+小隊規模であれば小隊規模ごとの報奨金などを想定している。
実際には各国戦争準備金の供出などがされるため、二個小隊出せば準備金と相殺する程度のボーナスが与えられるとすればよい。


2.偵察部隊の改善
今回の事件(戦いとはあえて呼ぶまい)において、実戦上最初の問題となったのが偵察の失敗である。
各藩国は派遣可能な軍隊から最も偵察に向いた部隊を選び出し、偵察部隊を結成した。
よって編成上の問題ではなく、偵察を専任とする部隊の育成が望ましい。
アイドレス:偵察兵などの導入が必要となるだろう。

3.国民への戦闘情報教示(評価計算)
今回の事件における戦闘情報の認識はかなりの差があったように分析される。
一つには評価計算による戦闘能力の算出式そのものがきちんと伝わっていなかったこと。
もう一つは戦闘前及び戦闘中の情報について指揮官からの伝達がうまく行っていなかったことである。
これらは評価算出についての教示、吏族による情報伝達を徹底させることで改善できる。
戦闘終了後、エクセル及び他の計算プログラムによるツールが広く出回っているのも好材料である。
エクセルそのものの扱いに関しては当国摂政都築つらねによるエクセル講座が用意された。
http://tsuduku.net/trpg/bbs2/wforum.cgi?no=9&reno=no&oya=9&mode=msgview&page=0

3.移動の失敗(練度の不足)
→編成及び運用の見直し。行軍訓練。
問題1及び問題3に関連する。
軍隊にとって移動は最初にして究極の問題である。
行軍訓練が不足(一部ではまったく行われていない)していたのは否めない。
これらは藩王及び摂政による模擬戦闘演習を行うことで改善可能であり、実行される予定。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
水納島
本部半島の沖にある水納島は通称「クロワッサンアイランド」と呼ばれています。 これは島の姿を横から見るとなんでもないのですが、上空から見る、海にクロワッサンが浮かんでいるように見えることに由来するものです。 島は自然が残りビーチの砂浜は白く、海がとてもきれいです。 ビーチで泳いだ後に散歩するのもおすすめです。 売店では軽食、飲み物の販売やシュノーケルのレンタルもあります。 シーズン中は毎年大勢の観光客でにぎわいます。 のんびりを過ごしてみるのがおすすめです ...続きを見る
沖縄観光データバンク
2007/01/21 16:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
・全員水泳大会事件に関する原因と調査 詩歌藩国日報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる